ブラジルのミスコン優勝者整形勝利?冠つかみ取り

美容大国はミスコンステージでも大暴れ!ブラジルのミスコン準優勝者が冠を掴み取ったことが世界で大きな話題となった事件の発端とは?

 

ブラジル女性と美容への熱い戦い

ミス・アマゾナス2015最近何かと話題となるブラジルの女性たち。
それもそのはず、美容大国ブラジルの女達は美しさの勝負は一歩も半歩も譲らないくらい努力で勝ち取るほど物凄いデットヒート争い。

ただ「普通にセクシー」なのは当たり前すぎて、どんどんもっと魅力的にセクシーさをアピールしたい女性たちがコンテストという戦場に現れ1番を競う。ミスコン詳細を以下にてご説明しよう。

お尻の美しさを競う「ブラジル、ミスブンブン」で話題になり今や大変なことになってしまった女性がいたがこういった類の内容ではなく勝者に掛けた美は作られたもの?
そんな事がきっかけとなったニュースindependent.co.ukよりまとめてみよう。
関連情報:美欲と金欲?ブラジル美容整形技術力

ミス・ブラジルへの栄光は?

カロリーナ・トレド(Carolina Toledo)さん

ミス・アマゾナス2015(Miss Amazonas 2015)に出場した女性の中から選ばれた優勝者と準優勝者の2人はこちら。
1位 カロリーナ・トレド(Carolina Toledo)さん
2位 シェイスレーン・アヤリャ(Sheislane Hayalla)さん

しかしこの結果に納得がいかなかった2位のシェイスレーン・アヤリャさんが取った行動が世界のミスコン関係者やメディア、このニュースをみた全ての人が驚かされたのだ。

美しさのための努力は認めない?

シェイスレーン・アヤリャさんが優勝者のカロリーナ・トレドさんの冠を掴み取ろうとしたということは最低なことだと思っただろうか。
実はこの結果に対しての納得がいかない、そして矛盾をした審査基準に対してアピール力を高めるきっかけになったと思うのだ。

ミスコン本来の審査基準とは何?

  1. ミスコンはお金だけが重要なの?
  2. 美容整形で楽して手に入れた美しさだけを審査材料として表面的に見るなんて認めない。
  3. 沢山の時間と努力をして美しさを手に入れて自信をつけた上で挑んだミスコンというステージではこういった魅力を審査基準にしないのか。
  4. 結果選ばれたのは、そういった念に入りに準備をしてきた女性たちではなく大会運営に対してだったからよ。

一方の勝者カロリーナ・トレドさんは、準優勝者の彼女を裁判に掛けるべきだわ!と後味の悪いコンテストの幕を閉じたが、勝敗の世界は結果重視。厳しい世の中だ。

今後も目の離せないブラジルのミスコン、実際あなたがコンテストへ出場するならどちらの道を選ぶだろうか?