ウイルス混入?プチ整形美容注射剤の裏側

主な症状:
麻痺や胃腸炎等を引き起こすというが、最悪の場合は生命に危険が及ぶ可能性もあるというのだ。

プラセンタ注射の例:
プラセンタエキス注射の場合、中国国家食品薬品監督管理部門は、ヒトの胎盤など人体胚胎を原料とした美容薬品の生産を認めていないということや、類似品を海外から輸入することも許可していないらしいが一部の国内の購入者は、入手困難だけにプラセンタエキスの効果に惹かれてしまう。

主な危険リスク:
出所が不明な輸入プラセンタエキスには、HIVウイルス、B型・C型肝炎ウイルス、梅毒ウイルスなどの病原体が混入している可能性がある事実を軽視している。むやみやたらに皮下注射を受けると、簡単にウイルスに感染する恐れがある。

注射剤の購入元の確認

もしどうしてもボトックス注射剤等を自己ルートで入手したい場合は、どういった状況であってもただ格安でヒアルロン酸やボトックス注射剤の購入ができるからといって即買わないこと。

  • 製造元はどこか
  • 連絡先情報
  • 商品の説明や注意点
  • 本当に信用ができるものか

信頼できる美容整形外科を選ぶ

自分で安くキレイになりたいけど背景には医療に関する知識が乏しいため、大変な被害に遭う美容かが国内問わず増えていることが伺える。それならば、安心信頼できる美容整形外科の専門医にしっかりとカウンセリングをしてもらった上でのプチ整形の方が危険リスクを簡単に回避できるし失敗リスクも軽減できるはず。

自分の求める美しさを求める為にあなたはどんな手段を選びますか?