大丈夫?美容整形は成功だけど失敗トラブル対策

美容整形をしてイメージ通りの自分になりたいのは誰もが思うこと。しかし男性も女性もプチ整形も含め簡易的整形手術で成功だけど失敗?という問題が発生しているというのは、どういったことだろうか?情報を元に確認していこう。

美容整形は医療行為

美容整形は医療行為

男性も女性に負けず劣らず美容整形をする時代となった今、男女問わず美容整形の問題が多発しているというもの。

美容整形は医療行為ということで医師は患者の状態やヒアリングをし手術を行ったり施術をする必要があるが、医師と患者の間で納得いくいかないという問題も難しいのは美容整形特有の問題になっているというのだ。

医師の説明と結果

プチ整形や本格的な美容整形手術前に担当医師から事前に説明があっても説明と実際手術後の結果とで満足できないという場合がある。

よって説明通りの手術を行っても患者からすると納得や満足ができないのは医療の宿命。
では実際に問題になったケースをいくつかご紹介。

医療過誤やミス

  • 胸が大きくなるし傷は残らない
  • 必ず二重瞼になる
  • 顔が小さくなる など

こういった説明があっても数ヵ月で戻ったり、傷が残ったり。
これでは説明不足であったり、医療ミスがあったなど医療過誤となり、患者は損害賠償請求出来るのが原則。

証拠がない?

気を付けたいのは、患者が医師に訴えても証拠が無いために敗訴だったり難しいというもの。

承諾書に記載があるか

口頭で「胸が大きくなるし傷も残らない」「必ず二重になる」と説明を受けても、整形手術前の承諾書に同様の説明があるか確認をすることだ。

事前録音

事前に医者との会話を録音するという方法もあるが、失敗はないだろう、信頼できるからなどそこまで失敗のリスクを考えないためにこういった方法で証拠を取る人は少ない。

成功も失敗になる?

医師の手術行為としては、説明通りのことを行ったので成功としても、患者からすると仕上がりがイメージと異なる状態となると、成功とはいえず「手術は失敗」という結果として評価したいのだが、これらについて失敗(医療過誤)としては認められない範囲となる。

ではどうすればいいの?次ページにつづきます↓

調査は必要

失敗を防ぐために、どういった手術が失敗行為となり、どこまでの傷が手術後の跡に残り次第に薄くなるものなのかなど、手術を受ける前に調べておくとよい。

ネットで安い広告に注意

ただキャンペーンで美容整形のお得で今しかない情報があっても冷静になること。
安いだけで自分の一生変化する顔の一部や体の一部を間違いなく成功できるという確率は果たして何パーセントあるだろうか?美容整形はちょっとしたショッピング感覚で行うものというイメージを定着しがちだが、自分で選んで失敗して一生酷い状態になるのも自分。冷静に考えて調査して納得いく仕上がりにしてもらうのも自分。

あとで思わぬ結果になること、慎重に対処しよう。